総量規制対象外とは

総量規制対象外とはどのようなことなのか解説

総量規制対象外とは、カードローンやキャッシングを利用するときに年収によって利用金額に制限がかからないものを指します。総量規制とは、貸金業法によって年収の3分の1を超える借り入れをできなくするように定められた制度です。そのため、貸金業法で運営されている消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などが対象になります。総量規制対象外とは、貸金業法以外の法律によって運営されている金融機関からの借り入れであり、銀行や信用金庫などがこれに該当します。クレジットカードのショッピング枠も割賦販売法で運営されているため対象外です。また、総量規制対象外とは、総量規制対象の借り入れとは扱いが別になります。これにより、銀行で年収の3分の1を超える借り入れをしていたり、クレジットカードで高額の買い物をしていた場合でも利用金額は総量規制の利用制限を判断する際の計算には含まれず、これらとは別に消費者金融などで年収の3分の1までは借り入れできます。

専業主婦の場合は総量規制対象外の融資の一部で利用可能です

専業主婦の場合、無職の扱いとなるため大手の消費者金融では借りることはできません。消費者金融は大手になるほど難しいと考えた方が良いでしょう。そこには総量規制というよりも、安定した収入が借入の条件となるため利用できないのです。しかし、総量規制対象外の例外の項目には配偶者と合わせた収入によっては年収の3分の1以下であれば借り入れは可能です。実際の借入では配偶者の収入証明書も必要となるためハードルは高いと言えます。そんな中で総量規制対象外の銀行カードローン、それもネットバンクのカードローンに目を移すと専業主婦であっても利用できるカードローンがあります。必ず利用できるものではなく、そこには配偶者の収入も加味されますので、利用できる窓口を広げているという意味合いになります。総量規制対象外というとこは年収制限がないということですが、ネットバンクで専業主婦で借りることができる金額は50万円以下の少額を対象にしています。家計を預かっている、利用範囲が子どもの教育費や生活費などが中心であるなど貸す側にとっても把握しやすい面もそこにはあります。

プロミスの総量規制対象外の個人融資は一本化では可能

プロミスのフリーキャッシングは総量規制の対象ですが、事業者向けの融資や個人の貸付でもおまとめローンは総量規制対象外です。この総量規制対象外のキャッシングはプロミスをはじめ、大手の消費者金融でも取り扱っているものです。すべての大手で取り扱っているものではないので、その点は注意が必要です。総量規制の関わりが深い個人向けのおまとめローンでみると、貸金業法に基づくこと商品であることが特長です。現在はどの金融会社であっても利息制限法に基づく金利で、貸金業者であれば年収の3分の1までに借入を制限しています。しかしながら、年収の変動や利用状況によっては超える場合もあります。そうした複数のローンや年収を超える借入がある方に向けて提供しているのがプロミスのおまとめローンです。個人の貸付であることに変わりはないのですが、総量規制対象外となるのは例外項目にあたるためでもあります。顧客にメリットのある借り換えはこれに該当します。審査は年収の3分の1以上となる融資となるため、厳しくなる傾向があり、収入証明書の提出は必須です。

中小金融会社で総量規制対象外となるローン

消費者金融でお金を借りtる時にネックとなるのが総量規制です。総量規制のおかげで、もっとお金を融資して欲しいのに総量規制で年収の3分の1以下しかお金を借りることができなくなっています。また、旦那に内緒でお金を借りたい専業主婦も総量規制の影響により借りることができなうなっているのです。これは、大手の消費者金融に限らず中小金融も対象なのです。中小金融だからといって総量規制対象外とならず、中小金融も営業をするときは貸金業として登録をしない限り営業することはできないのです。どうしても年収の3分の1以上の金額を融資して欲しいのであれば総量規制対象外のローンに申込みをすることです。総量規制対象外となるローンとは、銀行系のカードローンになります。銀行系のカードローンは、貸金業者ではなく銀行ですので銀行法が適用され貸金用法が適用されないのです。そのため総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える金額の借入も可能なのです。